チーク家具販売SCANTEAK(スキャンティーク)は、美しいデザインで長くご愛用いただけるチーク家具をつくり続けており、世界中のお客様にご愛用いただいております。

  1. HOME
  2. ブランドについて

ブランドについて

Brand Vision

SCANTEAKは、約30年前に創業者のあるビジョンから始まりました。それは人々に温もりがあり心地よい感覚のある快適な環境を提供したいという思いです。その思いは今も受け継がれています。仕事から疲れて帰宅した時に癒しを感じられるような魅力的な空間は、忙しい日常から解放される至福のひとときになります。リラックスした雰囲気の中、皆様に快適な時間を過ごしていただける事が私たちSCANTEAKの創立当初からの願いです。

Brand Values

SCANTEAKは長くご愛用いただけるよう質の高いチーク家具を作り続けています。デザインは北欧のシンプルですっきりとしたフォームを基調としています。それは機能的で耐久性があり、温もりのある空間を演出します。
また、SCANTEAKでは温もりと親しみやすさを感じていただけるよう心がけており、お買い求めいただいたお客様からチーク材の品質と美しいデザインに定評があります。

Who Buys Scanteak?

現在の知識ベースの経済は、多くの人々を情報で混乱させています。そのような状況の中、私たちはお客様の環境をより落ち着いたものへと変えるお手伝いをしたいと思っております。温もりと安らぎのある家は永遠に人々が望むことであり、そのような環境への提案が私たちの存在意義であると感じております。
またお客さまには、それぞれデザインの好みがあります。お客様の好みに応えるためにSCANTEAKでは6つのシリーズを展開しています。ラッカー塗装シリーズではチーク本来の自然な風合いを活かすためにラッカー仕上げにし、自然な艶感と美しい黄金色の輝きをしています。
無塗装シリーズでは樹齢が90~100年という希少なチーク材をそのまま活かしています。どれも化学薬品などは使用せず、チーク材がもたらす自然な雰囲気を演出します。
チーク材は油分を含んでいるため、年月をかけてその油分が浸透し自然に表面に光沢が生まれます。年月を経て深みゆくのを楽しんでいただくシリーズです。
ラスティックシリーズは整った北欧デザインと田舎風(=ラスティック)デザインの融合です。気軽にリゾート空間を演出できます。古材を使用し、金具は真鍮を使い、ダーク色なので落ち着いた空間にもコーディネートできます。アウトドアシリーズではチークは水に強いことから屋外家具としても最適です。SCANTEAKでは気軽に屋外でもチーク家具を楽しめるように商品展開をしています。
最近の家具市場のニーズは、シンプルで素朴なデザインが好まれています。禅の心や北欧の家具デザインに影響を受けたSCANTEAKの家具も、流行に合わせた斬新なデザインではなく、温かくて親しみやすい、そして居心地の良い空間を作り出しています。

People-Oriented

モノだけで家をつくることはできませんモノはまぎれもなく重要な見かけ(外観)として生活環境を整えるだけであって、実際に家を作りだすのは人です。それゆえに、「モノ」と「人」の関連性に焦点を絞って考えることが私たちのブランド・ミッションであると考えています。
SCANTEAKの商品開発者は、お客様により快適な生活をご提供できるよう消費者ニーズやトレンドを常に意識しています。また、そのデザインは美的で機能的であるという信念に基づいています。
私たちSCANTEAKのスタッフのサービス、店舗内のディスプレイは、お客様が初めて来られた時に『温もりがあり、心地良い感覚』を感じていただけるよう、また更にお客様のご自宅でもその感覚を感じていただけるように努力しています。
社内ではオープンで、誠実で、おごらない、一対一でのコミュニケーション方法を取り入れています。それは会社でありながらも、家に居るような親切で暖かい雰囲気を作りだしています。そして私たちがこのコミュニケーション方法を一貫して使用する事で、“中から外へ”というブランド戦略にも一致しております。

Home From Home

私たちの言う”Home”という言葉 には大きな背景があります。それは共同生活という意味での”家”そして、地域社会という意味も含みます。
長年にわたって地域社会の活動に関わってきており、the Lena Maraの”Life Can Be Good” コンサートや、高齢者への福祉サービス、若者のエイズ意識を高める運動、また「Nanyang Polytechnic」の奨学生と彼らの両親を交えての”A Tribute to Home”を開催し、たくさんの家族との時間共有を楽しめるジョイン・イベントも行っています。
私たちは、それぞれ小さな家が集まった大きな家の、 大きな家族として、この社会と向き合っています。